ワ・ラッセのお土産話

前回までの冬休み直前企画

シーズンオフでも見られる青森の夏の風物詩シリーズ

に登場した、、、、
弘前のねぷた村でも
五所川原の立佞武多の館でも
最後にソフトクリームを食していたのに
青森のワ・ラッセでは食べなかったのか?
といった事になるかと思うのですが←(笑)
青森のワ・ラッセではお土産を購入しましたお話をさせて頂きたく
話も長くなりそうだったので別記事に仕立ててみたのでした
そんなワケでして早速、
ワ・ラッセで購入したのはコチラ ↓ 

左:青い森の天然青色りんごジャム
右:青い森の天然赤色りんごジャム


青色の中身がコチラ ↓ 
かなり綺麗な青色のジャムです
、、、、が

コレが合成着色料不使用の天然の青色という!


といいますのもこの青色は

タイの伝統医学で飲まれる健康ハーブティー ANCHAN BLUE TEA

というそうで
マメ科のアンチャンの綺麗な青色を
青森りんごのジャムに色付けしたのだとか
お茶としても飲めるようですので、とりあえずお湯で割ってみたのが右側

お味は、
かき氷のブルーハワイみたいなような味な気がするといいますか
とりあえず甘いは甘いです

赤色の中身がコチラ ↓ 
コチラ ↑ も綺麗な赤色ですが

合成着色料不使用の天然の赤色という!


コチラもタイの伝統医学で飲まれるハーブティ KRAJIEB RUBY THA

アオイ科のガチアップの天然真紅色で
青森りんごとカシスのジャムを色付けしたそう
コチラもとりあえずお湯で割ってみたのが左側
中に見える一際赤い蕾がガチアップ

コチラのお味は、
酸味が強く爽やかな甘酸っぱさといいますか

それで、
こんなに綺麗な青色と赤色なので
売れてない画家的には←(笑)
混色してみたくなるじゃないですか!
いやだって、
青色と赤色なワケですよ
もし二つのジャムがリトマス試験紙とかBTB溶液的な反応ならご想像の色にはならないかもですし、、、、
気になるでしょう?←(笑)
とにもかくにも結果がコチラ ↓ 
綺麗な薄紫になりました〜 ↑ 

お味は
二つが混ざると甘すぎず酸味もマイルドになり
スポーツドリンクのような爽やかな味
な気が致しました

といった具合に、
色々な要素でもお楽しみいただけるこのジャムは、
ワ・ラッセだけではなく
青森県内のお土産物売り場には割と置いているかと思いますので
機会がございましたら一度お手に取ってみてくださいませ



読んでくださった方に感謝を込めて。


ワ・ラッセでお見かけしました広目天さま ↑ 
帝釈天(=雷神インドラ)の配下の四天王の内のお一人ですねぇ←(笑)




ご意見・ご指摘・ご感想・お問い合わせが御座いましたらコチラのメールフォームをご利用下さい。