冬の雪の灯籠たち(5)

まだ続いております〜


弘前公園で行われた弘前城雪灯籠まつりを見ておりまして
ベーシックな雪灯籠と弘前城現天守を見比べてみてましたけども

前回登場の弘前城の御座います本丸から
雪灯籠まつりのもう一つの見どころを目撃可能でしてですね
それがコチラ ↓
本丸から西の廓・西濠方面を見ております ↑
点々とした灯りがみえておりますが
これは沢山のミニかまくらの中に灯りが点されているという具合でして
遠くから見ても綺麗なのですけども
オモシロソウでもありますので近くまで行ってみましょう

(ちなみに、
更に後ろ右手奥の斜線の灯りは岩木山の百沢スキー場の夜間ライトアップ
つまり、
弘前側から見た岩木山の鳥海山側稜線という事になります)

本丸から降って二の丸から南内門をくぐって
杉の大橋までやってきました ↓
コチラ ↑ は中濠なのですけども、、、、
お濠が完全に凍った上に降り積もっている雪が、、、、
夜に見ると特に、、、、
何といいますか
月とか火星とかの表面みたいといいますか←完全にイメージ(笑)
いやでも、
昼と夜では全然違う表情ですね〜
とか、
思いながら杉の大橋を渡りきると見えて参りましたのが ↓
おおおー!
なっがーーーーいカマクラに
灯りがズラーーーーっと並んでおります!

コチラ ↑
杉の大橋を渡った辺りから植物園南案内所辺りまで続いてます
って、
弘前公園にいらした事のない方にはいまいちピンときませんよね
ええーと、
大体50メートル前後かなぁ?
100メートルはないのではないかと思いますけど
ちゃんと測ってないのでアヤフヤです
と、
盛り上がってしまいましたけども
コチラ ↑ は長いカマクラですので
先述のミニカマクラの集合では御座いませんでした(汗)

という事で二の丸へ戻って参りまして
いきなりクイズです←(笑)
コチラ ↓ は上方を見ているのでしょうか?下方を見ているのでしょうか?
本丸や二の丸はやや高い所に御座いますもので
本丸に向かうならば登り
本丸から他の場所へ向かうならば降りとなりまして
コチラ ↑ は二の丸(本丸寄り)の端っこ(上)から西の廓の端っこ(下)を見ております

夜で暗くて周りの情報が限られるため
逆に色々な見方が出来て面白いですねぇ

というワケで
目的地の西の廓が見えてきまして、、、、
折角ですので、
ついでですので、
西濠も見てみましょう〜 ↓
いや、
中々冬の、
しかも夜の西濠はご覧になられる機会はないのではと思ったのですけども、、、、
すっかり真っ白けです、、、、
その真っ白けなお濠の上に落ちるソメイヨシノの影が、、、、
何といいますか
魔の森的なといいますか←完全完璧にイメージ(笑)

そんなこんなでちょっと遠回り致しましたが
次回、ミニカマクラに迫ります〜



読んで下さった方に感謝を込めて。


いやしかし、
杉の大橋のところの長いカマクラは
洞窟みたいで少々神秘的な気も致します





ご意見・ご指摘・ご感想・お問い合わせが御座いましたらコチラのメールフォームをご利用下さい。