大革命の12話について語りたい。

日付変わって本日6月24日
『うたの☆プリンスさまっ♪』原作ゲーム1作目発売から5周年
と、
QUARTET NIGHT名義シングルの発売日
ですー!

というワケでして、
お祝いやらを兼ねつつの
前回の続きで13話登場 ST☆RISHの歌う
『サンキュ』について〜…

語ってみようと思っていたのですけども!
実は、
よくよく考えてみましたらば、
『マジLOVEレボリューションズ』の感想の時に
ちゃっかり若干語ってしまってるなぁと思いまして〜…
いや、
発売から3ヶ月経ちますが
この曲はやはりあの時書いた感想に尽きるなぁと思うのです。

なので本日は早速、
12話のあらすじをさらってみようと思います〜。


QUARTET NIGHTとの国際的スポーツの祭典SSS(トリプルエス)オープニングアクト選考会の為のエントリー曲を作り上げた後もなお
合宿場に残った春歌がST☆RISHの為に作ったSSSエントリー曲を持参して
彼らの事務所社長の元へ乗り込んだST☆RISHと春歌
しかし社長 シャイニング早乙女は
まだレボリューションが完成していない
と、頑としてST☆RISHと春歌を突っぱねていた
その時!
床に火の粉が付く程の勢いで開けられた扉の先にはQUARTET NIGHTの姿があり
メンバーが次々に
ST☆RISHのSSS追加エントリーへの希望を社長に告げてゆくー…

求めていた本物のレボリューション!
社長が叫び語り出す

ST☆RISHがレボリューションを目指して
全ての情熱を込めたクロスユニットが
人々の心に情熱の炎を灯し人から人へと広がっていった
それは正に革命
更に社長が真の革命達成の為に必要とした物がQUARTET NIGHTが立ち上がる事
ライバルの心さえも熱く激しく燃え上がらせる事こそ
愛の大革命

ようやく社長からの許可が出て
晴れてSSSへの追加エントリーが決定したST☆RISH
QUARTET NIGHTを呼び止め感謝を告げるのだがー…

ST☆RISHのいないところでSSSのオープニングアクトになっても意味がない
ST☆RISHが実力を付けてきたのを認めるからこそ
QUARTET NIGHTの方がより上へ行く事を証明し
完全完璧なNo. 1に輝いてオープニングアクトになる
一緒に上を目指すという事は対等なライバルであり敵という事
更に今日限りで寮を出る

と言い放ち立ち去ったQUARTET NIGHTのライバル心むき出しの姿を目の当たりにして
SSSのオープニングアクトには一組しか選ばれない事
選ばれる為にはQUARTET NIGHTを超えなければならない事
今までも十分本気だったがこれからはもっと本気を出さねばならない事
をST☆RISHは再確認するのであった

それでもこの出来事は
学生時代の頃には想像もしていなかったくらい凄い事だと
春歌の友人でありST☆RISHの同級生でもある ともちゃん は
春歌と共に感慨に耽っていた
その時
春歌の携帯電話が嶺二先輩からの着信を受信する・・・


今回は
ST☆RISHオメデトウ!
かーらーの〜…
ST☆RISH 対 QUARTET NIGHT 構図の完成回
という感じを見せつつ
実は
今期、なりを潜めていたシャイニング早乙女の相変わらず感確認回
だったと思うのですが〜…
↑どんなだ

そんな中でも
やっぱりといいますか
当ブログオーナーはどうにもQUARTET NIGHTが面白くってですね
QUARTET NIGHTが出てくると笑えてしまうといいますか…←(笑)
いや、
笑ってないでときめけよって感じなのですが←(笑)
何といいますか〜…

(またしても前々回・前回から続く当ブログオーナー的独特解釈)

普段は自分の気持ちを表すことのないQUARTET NIGHT家四兄弟の長男坊・嶺二先輩が
自分の気になるコがなびかない事を悔しがっていて
勢い余って気になるコが一際仲良くしている後輩達に徹底抗戦を構えようとしていた
普段とは全く違う方向へ向かっているお兄ちゃんの行動を判っていた
次男のカミュと三男の蘭丸先輩と四男の藍先輩は
僕たちQUARTET NIGHT家が一番だよ
と、お兄ちゃんを励ましてみている

…みたいな風に見えてといいますか←(笑)

いや、
ST☆RISHをライバルと認めたからこその
今までと打って変わった対応なのだと思うのですけども
あまりにも突然で…
QUARTET NIGHTに痛々しさを感じてしまったといいますか、
ST☆RISHより年上だからこそ攻撃的にも攻めてる見せ方が出来るとは思うのですよ
経験値がそもそも違うでしょうし
でも、
その方向の“攻撃的”は“らしく”ないのかなと

…って、
そうでした!
当ブログはネタバレ回避でした!

ええと〜
では、
6月24日発売のQUARTET NIGHT名義シングルの話をザッとしてみましょう。
もう公式様でも発表になってますので大丈夫と思いますが
タイトルが12話タイトル
『エボリューション・イヴ』
なのだそうです!

いやー…
さすが今期は“レボリューション”と言うだけあって
前回感想での予想が大外れしまして←(笑)
制作側に1本取られました〜

まぁ、
各話タイトルに使われているだけあって
12話の何処かでQUARTET NIGHTの曲を見るコトが出来るのですけども
ええ〜…
まぁ、
1話のQUARTET NIGHTのOPとは違う場所といいますかでして
本編ストーリーの…
延長線上的な…
そんなだったからか?ですね、
曲中の絵が全編に渡って、たぶん手描きで
作画さんも動画さんも頑張られたなぁ!
という感じでどこをとっても美しかったです〜。
ただ曲の方の音がですね、
8話トキヤ・真斗回の時もライブで曲が披露されてましたが
といいますか、
あの時はCD音源?録音音源そのままに使われていた感が強かったといいますか
ライブ会場だったのにライブっぽい音で曲が流れてなかったといいますか
それに対しまして、
今回12話もライブでの曲披露でしたのに
今回の方がアフレコ現場で撮ってる声質?のようなといいますか
ライブっぽさ感が強かったといいますか…
その辺がちょっと気になってといいますか
いや、
劇中に使われた音とか曲がそのままCDになってるのかなぁ?と
いやでも、
曲後半の方の音は何処かで録音した音源をそのまま流した感じっぽかったので
12話そのままの曲がそのままCDなのかもですが…
いや、
何をごちゃごちゃ言ってるんだという感じなのですが
いやだってですね!
10話QUARTET NIGHT回の曲をある程度編曲してCDになるのかと思ってましたら
(今までのうた☆プリ♪でのST☆RISH名義曲はそうだった。
…あれ?CDの発売時期を考えるとST☆RISHの場合は逆?)
今期は今までのパターンとは違うといいますか
タイトルも12話のものですし〜…
そんなワケで
前回の反省もあって
今回はCD予想が一筋縄ではいかないのではないかなと…←(笑)

とにかくですね、
一見笑っている顔をされているのに
何処となく端々が切な気に見える嶺二先輩が
最終回でどーなることかと…←結局嶺二先輩か!

あ、
また最終回とか言ってしまった…←やっぱり言いたくない(笑)

とにもかくにも、
QUARTET NIGHTのシングルを購入致しまして!
次回にまた〜



読んで下さった方に感謝を込めて。


いやもう、
ホントに今年は桜写真は出さないつもりだったのですけども
ワタクシメの手持ちで対比的なものがハッキリ出ている感じの写真は
これ位だったといいますか(汗)



ご意見・ご指摘・ご感想・お問い合わせが御座いましたらコチラのメールフォームをご利用下さい。