大革命の5話について語りたい。

前回に引き続きまして、
遅れに遅れまくっている今期うた☆プリ♪諸々感想です〜。

とにもかくにも、
4話後半感想と
4話アイドルソング
『Innocent Wind』
についてちょっと言及してみたいと思いますけど〜…
いや、
やっぱり、
藍先輩の抱えている問題って重いですよね…
いや当ブログオーナーは、
原作ゲーム未プレイのため
藍先輩に関する問題におけるネタバレは存じ上げず
自ら積極的にも探らなかったといいますか、
とはいえ〜…
うた☆プリ♪のTwitter企画辺りでの藍先輩の言動が不自然で気になった点があり
なんとなーく予想はしておりましたのですけども。
でもこう〜…
実際にネタバレを知ってしまうと
色々と細かい事を考えると色々と切なくなってしまうといいますか。
とかいった事等から、
『Innocent Wind』とカップリング曲『ムネノコドウ』は
確かに、
アニメの挿入歌ではあるのですけど
タダの、
アニメの挿入歌ではない曲なのだと思いました。
この2曲から
原作やら
藍先輩の過去・現在・未来さえも想像させられる
本当によく世界観が作り上げられている曲で
たぶん〜…
『Innocent Wind』の方は
Aメロ頭から曲終わりのサビの辺りまで丸々使って
抜かりなく藍先輩を表す?構成をされているのではないのかなーと。
コレをまた蒼井さんがシッカリ歌い上げられているのですね〜。
なんといいますか、
作曲者のElements Garden様の凄まじい?気合いの入り具合を感じますよ…

あと、
『ムネノコドウ』の方の歌詞の一節について
2番のBメロ以降ですね
藍先輩ならではだからこそ選ばれた歌詞なのかもですけども
先人たちの残してきた作品を見聞きするコトの多い芸術系の者って
割と自然に未来についてのコトって考えると思うのですよ。
例えば、
クラシックだとベートーヴェンで楽曲が作られてから250年位でしたっけ?
絵画だとレオナルドダヴィンチで作品が描かれてからざっと500年位?
だったかと記憶しているのですけど
今から1000年先に残っている芸術作品は一体幾つあるだろうかと。
もちろん、
1000年先には今生きている自分はいないワケですし
ワタクシメ的にはこの人生が終わった後に
現時点ではこの世界にまた生まれ変わりたいとは思ってないのですけども←(笑)
まぁ、
例えば1000年先に万が一残念な事にまた生まれ変わったとして←(笑)
歌い継がれている曲の中に今の日本のアニメに関わる楽曲の何か…
あわよくばうた☆プリ♪楽曲があったとして
聞くことができたとしたら
楽しいコトだなぁと思うのです。

あ、
話がズレてきましたね(汗)

では5話のあらすじをサラってみます〜。


シャイニング事務所社長曰く…
ST☆RISHにレボリューションをもたらすプロジェクト
音也と那月のクロスユニット第一弾は大成功を収めていた
続くクロスユニット第二弾へのオファーは
レン、翔、セシルにきたスマートホンのCMプロデュース
CM出演とイメージソングの歌唱とCMコンセプトまで併せて考えるというもので
春歌はイメージソングの作曲を任されることに
トリプルSへのエントリーを視野に入れて意気込む4人
それぞれのアイディアを持ち寄り話し合いを始めるものの
それぞれ違った着眼点の元にそれぞれの得意分野を押し出す形のアイディア出しとなり
3人の意見は全く噛み合わないまま一触即発寸前まで至ってしまい・・・


今期のうた☆プリ♪はよく雨が降るな〜
とか思ったといいますか←(笑)
いや、
上手い構成ですよね〜←(笑)
といいますか、
当ブログオーナーが声を大にして言いたのはですね、、、

この出来上がったCMを
そのままスマホのCMに起用して欲しいものですっ!

ST☆RISHのアイドルのみなさんは
良いお仕事をしますよー!

あと、
真斗がレンに差し出した滝への道筋を書いた封書は
当ブログオーナーが欲しかったといいますか滝行したいといいますか←(笑)
おおっと、
当ブログはネタバレ回避でした!
って、
またしても今回も
ネタバレとかいう次元の問題ではないレベルで遅れているワケですが
やはり当初のスタンスは貫きます〜。

あ!
あと!
アクマでも当ブログオーナー的にはですけども
嶺二先輩がかっわいかったです〜。






読んで下さった方に感謝を込めて。


今年はもう桜写真を出すつもりはなかったのですけども
ちょうど3輪の桜がコチラを見ておりました〜。
4月26日なので弘前公園での撮影ですね。



ご意見・ご指摘・ご感想・お問い合わせが御座いましたらコチラのメールフォームをご利用下さい。