東北探訪!津軽観桜会ツアーズ ~津軽富士見湖パーク(鶴田)

津軽の桜を見て回っている当ブログですけども
引き続きまして本日は~…
津軽富士見湖パーク
へ行ってみたいと思います~。
ここの処の当ブログの傾向からモチのロン、
津軽富士=岩木山
で御座います。
それではまずはコチラ↓
津軽富士見湖パークは鶴田町にあるのですけれども~
鶴田町はこの地図ですと弘前市と十三湖の真ん中的な位置でしょうか。
町名に“鶴”という漢字が使われておりますのは
江戸時代に鶴がよくやって来ていた地域のようでして
しかし現在はそんな事もないようでー…
そこで津軽富士見湖パークでは
天然記念物の丹頂鶴を間近で見られる “丹頂鶴自然公園” を併設しておりまして~
この公園に降り立った途端に
鶴の鳴き声が聞こえておりました~。

というコトがあって見て頂きたいのがコチラ↓
『鶴の舞橋』と言いまして
ヒバを使用した
日本一!
長~い木材の橋!

なのだそうで!
全長300mで太鼓橋が三連となっております~。

ちなみに、
橋の向こうに見えている山が岩木山です。

え?
またもや形が違うだろって?
では僭越ながら再掲の岩木山に登場してもらいましょう。
ええと、
津軽富士見湖パークはこの岩木山から見ると
向かって右側の巌鬼山側から見ている状態です~。
そして登場の
ソメイヨシノ×津軽富士×津軽富士見湖

何故 “津軽富士見湖” というかと言えば
コチラの湖に岩木山が綺麗に写ってみえるからなのだそうですけども
この日は湖面が風に吹かれておりまして
残念無念なので御座いました(ρ_;)
そんなこんなでソメイヨシノです。
桜並木も良いですが
下が一面芝生というのも
ピンクと緑の色合いが綺麗で良いですね~。
ソメイヨシノの下に岩木山。



読んで下さった方に感謝を込めて。


コチラの接写ソメイヨシノの向こうに
うっすら見えている白い半円っぽいものは
実は月だったりします。
いや、
単純に両方にピントを合わせられなかっただけといいますか(汗)



ご意見・ご指摘・ご感想・お問い合わせが御座いましたらコチラのメールフォームをご利用下さい。