やぎ座α流星群 in 2014

前回の流星群ご紹介記事で
散々グタグタ言ってそう日にちは経っておりませんが
また流星群モノ?
と、お思いのそこのアナタ様。
仕方ないのです…
流星群シーズンがやって来てしまったのですから。
そんな訳で、
当ブログオーナーの流星群ご紹介記事に対するテンションも回復はしておりません。

だってさー…

当ブログでは一昨年から、
今日ご紹介予定のやぎ座α流星群と…

みずがめ座δ南流星群を合わせての紹介という事をやっておりまして。
それを去年は結構派手にやったワケですよ。←ipad環境になったため

そしたらー…

今までやぎ座とみずがめ座抱き合わせの流星群紹介記事というは見たことなかったのに
今年はネット上でずーいぶんそのような記事がお増えになられたようで。

いや、
情報が広まるのは寧ろ良い事ですよ?

でもさー…
そうなると当ブログオーナーがわざわざ書く必要性はなくない?
みたいな。

大体、
そんな訳だからコレに関しては
去年の記事が結構完成度が高い訳ですよ。

昨日に引き続き今日も
引きずっている熱中症で本調子ではないという事もありますし~…

え?
そんな言い訳めいた事を言ってないでとっとと始めろ?←(笑)



☆彡やぎ座α流星群☆彡

☆活動期間
7/3~8/15

☆極大詳細… 極大→活動期間中で最も流れ星が出現する時の事
7/30

詳細時間はこの流星群も
例年、あんまーりハッキリしません。

★1時間辺りの出現個数
3~5流れ星個

※“流れ星個”というのは…
流れ星の個数を数える時のいもた的数え方単位
簡単に言うと造語だが前回より突然使用しだした←(笑)

※流星群がきていない時の夜空でも1時間に10個は流れ星は飛んでいると言われている

★流れる星の速さ
おーそーいー…

そんなこんなで上記にちょっと上げましたが、
やぎ座α流星群自体では流れ星出現個数は少ない上に
流れる流れ星もおっそい
それでもこの流星群を当ブログ的にオススメする理由の
まず1つ目~

★流星痕
そーれーはー…↓

★火球→流れ星の最後の末端に-3~-4等級よりも明るい爆発を伴う事の多い流れ星。
普通の火球よりも爆発数が多くなるのが特徴。
よって流星痕は有り。

つまり。
流れ星の流れる速度が遅く、星が流れながら何度も爆発する
ということは。
珍しくも、比較的見つけ易い流星群だからです。
いわゆる。
いもた的見つける事が出来たら楽しくなっちゃう流星群
と、命名する事にたった今決めました←(笑)

次に
“それでもこの流星群を当ブログでオススメする理由”
の、2つ目です~。

それはですね…
先日の…
何度見てもガタガタ言っている…←書いたのはオマエ

みずがめ座δ南流星群
と、本日ご紹介のやぎ座α流星群の時期が重なり…

流れ星発見率が上がると…
その数…

1時間に 40~50個

…とも言われており
これは、
夏の流星群の花形・かの有名な…
ペルセウス座流星群の1時間辺りの流れ星出現個数とほぼ同じになる訳ですが。

まぁ~…
そうそう上手くいくかいな?


とか、
言ってみたりしてーっ!←冗談です(笑)

いや、
といいますのも
この時期に星のよく見える土地にワタクシメがいないため
私的には比較は出来てませんよ?←これは本当
(ペルセウス座流星群の時期は
星の見え辛い土地にはいなくて、星のよく見える土地にいるという事です)



え~…では、
30日の夜空コンディションを見ましょう!

月齢 … 3.51
月出 … 7:37
月入 … 20:18


ええと、
夕月というか、四日月かな~
が、夜の始め頃には沈むので
月明かりの影響はこちらもほーぼゴザイマセン。

次に
やぎ座の今の時期の位置は~…

うん。
イメージ的に
月が西へ沈むと東の空に昇ってくるという感じです。
見やすい高さになるのは22時頃かな。

どっちにしても
30日(29日でも可)21時以降~夜があけるまで
を、いもた的好観測日時とさせて頂きます~。

★母天体
解明されていない。

★やぎ座の見つけ方
いもた的批准:東京地方で探すのは至難の技

これといった目立つ星がないという事です←また前回より登場した造語

星座の形的には三角なのですけどねぇ。
まぁ~
みずがめ座と同じ感じで
流れ星の流れ始めの放射点は抑えられると思いますので…

30日中は東の空を見て
日付の変わる頃に天頂を見て
深夜2時半頃から西の空を見る感じを
オススメ致します。


では、今回も
流星観測をされる皆様の健闘をお祈り致します!



読んで下さった方に感謝を込めて。


“星”といえば…
最近机にかじりついて何か作業をする事が多くなったので
机に座った時の目線の位置に合うように
サンキャッチャーを配置したのですけども
そのサンキャッチャーが星型なのです。

え?
サンキャッチャーの影ではない方を写真に撮れって?←(笑)

そんな記事を書いている今がまさに
みずがめ座δ南流星群の極大日
ですが・・・

東京は雲の隙間から星は見えるのですが
雲がなぁ~。



ご意見・ご指摘・ご感想・お問い合わせが御座いましたらコチラのメールフォームをご利用下さい。