夏目友人帳原画展~緑川ゆきの世界~@西武ギャラリーに行ってきました~

リブロ池袋本店で開催されている 夏目友人帳まつり のメインイベント~!
西武ギャラリー で 8月21日 まで開催されている

夏目友人帳連載10周年記念!
夏目初の原画展!
『夏目友人帳原画展 ~緑川ゆきの世界~』

…に行って来ました~!

展示会モノは会期もありますので、
大急ぎでご報告させて頂ければと思います~。

コチラが原画展会場入口前。

この先に入口がありました~。 

コチラが前売りチケットの 特製缶バッチ付き入場券です。

前回記事で、

原画展初っぱなから東京地方にいなかった当ブログオーナーですが(汗)

何だかんんだで当ブログオーナーが行ったのが

1話読み原稿の展示が 『夏目遊戯帳』 になった初日でした。

会場に入ってすぐに、

夏目友人帳・原作者 緑川ゆき 先生のご挨拶がありまして

一気に気分が盛り上がりました~。

会場内、

全体のいたるところに 夏目友人帳の雰囲気を表す仕掛けがありまして…

ネタバレがどうなのかちょっと判らないので

あんまり詳しく書かない方が良いかな~

という判断の元に続きも書きますが、

なのでなんといいますか…

展示会場を作られた方の夏目への愛を感じて

ファンとして色々と嬉しく思いながら

先へ進むといよいよ夏目友人帳の原画が…

いや~…

やっぱり生原画を見れるのは 嬉しいですっ!(≧∇≦)

それを言葉で表現しようとすると私的には…

うわっほう~っ☆ みたいな感じ。

え? その表現はいらない?

しかも文字をわざわざデカくするな?

とにもかくにもですね(笑)

私的には、 アノ道具を使って描いたらあんな風に印刷に載るのか

とか、

アノ主線はアノ道具だったのか

とか、

そんな事が色々と判って大変に良い勉強になりました。

特に!1話読み原稿ですね!

アレは凄いんじゃないでしょうか。

まだ連載中のしかも人気作品・人気作家の生原稿を間近で拝見出来るというっ!

こんな機会はそうそうあるものではないと思われます。

なので…

トーンの指示、

修正の箇所、

線を描く際の使用ペンの使い分け、

等々等々等々…

ガッッッツリ見てきましたっ!

あと!

ネタ出し、

ラフスケッチ、

プロット、

ネーム、

この辺も見る事が出来て モッノ凄ッくありがたかったですーーーっ!

珍しい処では、

作内で各キャラ達が使用する術の“陣”のプロットもありました。

それから意外に思った、

というか想像すらしてなかったけども

ネームをですね、

B5より小さいノートに描かれていた事。

普通は(というか、かつての自分は)

原稿用紙の…なんていえばいいか、ええと…

印刷に載る枠線内の大きさと同じ位の大きさのノートに

ネームは描くかなと思っていたので、

へえぇぇぇ~!と思ったのですよ。

総じて、

コレは漫画家を目指している方に是非ご覧頂きたい!

物っ凄い、勉強になりますよ~!!

あと個人的には、

短編の予告カットであったり

夏目以外の作品のカラー原稿が見れたのは幸せでしたねぇ。

『蛍火の杜へ』『緋色の椅子』『あかく咲く声』

この辺りは勿論の事

読み切り作品に、

コミック未掲載作品、

そして極めつけは…

未使用カットっ!の展示でしょう!

とにかく 内容が濃くて、凄かったですよ。

私的には2時間かかって見ましたもん。

夏目友人帳ファンだけでなく、緑川ゆきファン必見です!

会期:8月9日(金)~21日(水)

会場:西武池袋本店 別館2階=西武ギャラリー

開場時間;午前10時~午後8時 (入場は閉場の30分前まで)

入場料:一般700円、大高生500円、中学生300円、小学生以下無料

読んで下さった方に感謝を込めて。

コチラは会場で買えるグッズの内の一つの ふせん。

この夏目のカットは未使用のモノです。

エビフライを食べていらっしゃった先生にちょっと押さえて貰いました。

私が行った時はちょうど、

わりと欲しいと思っていた ブックカバー が売り切れだったのですよね~。 

リブロ池袋本店書籍館4階 の コミックフロア特設会場

で 新しく見かけたポスター。

コチラでは原画展に展示しきれなかった

『夏目観察帳 2 』原画が展示されています。

もれなくコチラもご覧下さいませ。


ご意見・ご指摘・ご感想・お問い合わせが御座いましたらコチラのメールフォームをご利用下さい。