Arts Towada @十和田市現代美術館に行ってきました~

先日の…
『高山辰雄・奥田元宋 @山種美術館』
…の記事でご紹介した奥田元宋も描いていた奥入瀬・十和田湖は
青森県十和田市、秋田県鹿角郡小坂町をまたにかけますが

青森県側の十和田市は今、

アートによるまちづくりプロジェクト
=Arts Towada(アーツ・トワダ)

が進められており、
十和田市現代美術館はその中核施設として2008年4月に開館した
最近の現代美術館です。

正面入口前の屋外展示
フラワー・ホース/チェ・ジョンファ
1階エントランスホールを外から。
床の模様が作品になっていて
ゾボップ/ジム・ランビー
カフェ&ショップの入る建物の外壁
オクリア/ポール・モリソン

その常設展を見て来ました

…のですが、
気になった事がありまして…

まず何故、
外の作品の画像ばかり載せてるのかといえば
コチラは現代アートの美術館なのに、館内の撮影が一切禁止の為です。
現代アートの祭典ともされる各地で行われるトリエンナーレでは大概撮影可能ですし
今や東京では国宝や重文でも一定ルールの元に撮影可能な処が増えつつある最中…
大変驚いたというのが1つ。

そして美術館自体が現代アートになっているとでもいいましょうか。
確かに変わった作りの建物だし
現代アートの有名処が名を連ねてるな~
とは、思いました。
でも…
故郷の事を思い敢えて本音を言わせて頂くと…
私は一度見たらもういいと思ってしまったのがもう1つ。

リピートしたくなる美術館って
集めてる作品に強い拘りとかが垣間見えるぢゃないですか。
ソレが自分の好みなら通う、みたいな。

コチラは何というか
そういう作品に対する強い執着みたいな物を感じなくて
一般ウケする面白そうな物を集めた
みたいに感じてしまった訳です。

また来たいと思える
10年後にも存在しているだろう美術館
その常設展示を考慮して頂きたいです。




読んで下さった方に感謝を込めて。


ご意見・ご指摘・ご感想・お問い合わせが御座いましたらコチラのメールフォームをご利用下さい。