極の融合の夢。

先日見た夢のお話です~。


お腹の丹田の辺りの真上に…

よくある、白と黒の勾玉の形が円の中に一緒に描かれる
巷でいう処の陰陽のマーク
いわゆる太陰大極図(太極図)が
グルグルっとひとつになって

丹田の辺りが変な感じがする
(何かしらのエネルギーを感じる)


こんな内容の夢を見て、
意味が解りません!と思っていたら見た夢~。


陰のカードと陽のカードがあって
(某遊戯王とかみたいなカードゲーム的なカード)
この2枚を融合(合成?)させると
光り輝く凄く強いカードになる


なんてゆう…
ますますよく判りません!!
とか、思っていたら


自分の弱き部分を受け入れる
自分の使命を受け入れる
バランス良く居る


という類いの話を現実でよく見るようになった。
それなもので。
やっぱり思うコト~。

極と極、例えばネガティブとポジティブは
結局同じものなのだと思う。

ネガティブとかポジティブとかいってる内は
そのどちらも含む範疇の内にいるのだろうなぁ…。
どちらも受け入れてこそ、そこから抜け出る事が出来るのかもしれない。

そしてそれは両極を兼ね備えているので、何よりも強い。
両極を兼ね備えているからこそ、
バランス良くモノを見る事が出来る。

それが使命を受け入れている在り方…?

なのかなぁ?なんて思ってみている今日この頃。



読んで下さった方に感謝を込めて。


今日の夕暮れ。

もうちょっと早ければ
逆さ天使の梯子がもう少しくっきり出てたんだけど…(>_<)


ご意見・ご指摘・ご感想・お問い合わせが御座いましたらコチラのメールフォームをご利用下さい。