高山稲荷神社の紫陽花と睡蓮の頃

アジサイ祭り前回記事に引き続く具合で、
過去記事に登場するベンセ湿原よりも更に北上した所にある高山稲荷神社でも紫陽花が綺麗だという情報を得まして、一路目指すのですが
久々に当ブログのテキトー地図を降臨しますと、位置的には大体この辺です ↓ 

ちなみに当ブログでは
なんだかんだで岩木山の神さまシリーズで再登場して頂く予定なのですけども、まだまだ先になりそうですので(汗)
とりあえず今回は紫陽花に重きを置いて進めて行きます

そんなこんなで社務所前の大鳥居に到着です ↑ 
ここからが大体、神社の境内になります
上の社務所を左手側に折れた所で、階段が見えますけども ↑ 
結構急ですけども登ります〜
すると拝殿があります
今回は紫陽花にスポットを当てますので一先ずのご挨拶を

高山稲荷神社の神さま、ごきげんよう!

この拝殿の辺りから紫陽花が姿を現します ↑ 
鮮やかな朱色の灯籠と爽やかな紫陽花ブルーが眩しいです

そして拝殿のある丘といいますか、そこを降ると見えて参りますのが ↓ 
龍神宮と紫陽花と睡蓮の花
龍神さまにもご挨拶しましょう

龍神さま、お騒がせしております!

今回は紫陽花が主題ですので先へ進みます
すると最近ではすっかり有名になった千本鳥居がありまして ↓ 
千本鳥居と神明社の丘に紫陽花
なのですけども、
ここには人工の滝があるのですが!
この日は水が止まっていたようで、、、、
ですが、
日本では猛暑の所もあるという事ですし
去年2017年訪問の時の写真を発掘して参りました ↑ 
いやだから、
去年から高山稲荷はもう一度岩木山の神さまシリーズでやろうと画策をしていたのですけども(汗)
まぁ、
とにもかくにも涼んで行って下さい←(笑)
千本鳥居を潜りきって神明社の丘の上から見た、千本鳥居と紫陽花

赤い龍が紫陽花を食べているように、、、、見えるのは当ブログオーナーだけでしょうか←(笑)

ですが実は、
当方が伺った日はもんの凄い晴れの日で、紫陽花は水に飢えているという感じで(汗)
その上、時期が若干遅かった為に千本鳥居の脇周りの額紫陽花が ↓ 
すっかり枯紫陽花だったという
ですが紫陽花は枯てもまた風情があって良しです
当ブログ本年のアジサイ祭りも “祭りの後” を迎えまして、大団円でしょうか

読んでくださった方に感謝を込めて。

ちなみに2017年に訪れた時は、
朱色の鳥居と西洋タンポポの黄色の対比具合がステキでした
いやでも、
朱色に周りの緑の草々だけでも対比が鮮やかですねぇ
それから紫陽花が最終盤だった為に、睡蓮はかなり見頃でした