真冬に訪問!@岩木山神社(2)

前回に引き続き真冬の中の真冬・節分直前の岩木山神社です
前回は ↑ の楼門の前まで進んだところで
余りの雪の多さに写真が多くなって今回に続ける事に致しました
赤い楼門を右手に折れると長ーい柄杓で有名な手水場です ↓ 
やっぱりと言いますか何と言いますかもう、
白い色の分量が多いと言いますか
赤い瑞垣の上や合間に積もった雪が落ちそうな積もり方です
それ程寒いから落ちてないのでしょう
お稲荷さんも白色の量が多いです
白雲龍神さまは白色の量が多いとは言え雪に埋もれ過ぎです
白いホイップクリームでもかかっているかのようですよ
ところで白雲龍神さまは小池の真ん中におられまして
小池はどうなったかと橋の上から見れば ↓ 
いや、
ここには確か池があったハズ、、、、
もはやただの雪原です
注)とはいえ下は小池ですのでこの先に進んではいけません
そういえば、
白雲龍神さまへの参道から岩木山神社の本殿が見えるのですけども
いやもうただ雪が積もっているという景色で雪囲いのせいもありそもそも何なのかという疑問が発生する状況といいますか、
背後の杉の大きさも何だか積雪の多さの圧迫感を出してますね
気を取り直して中門前 ↑ 
2018年の干支 犬の大絵馬があります
そんなこんなで拝殿です ↑ 
ご挨拶しましょう
「岩木山神社の神さま、
雪に埋もれ過ぎとか言って大変お騒がせ致しました!」

読んでくださった方に感謝を込めて。

拝殿前で降っていた雪が強くなって吹雪いたのですけども、その様子を撮った模様がコチラ ↑ といいますか
寒そうな感じが伝わればと思います
といいますか、
何だかんだと騒ぎましたが今回は各段落の文末に全部 “(笑)” と付く感じといいますか
雪国の除雪には一冬につき各市町村毎に “◯億円” かかっていたりで笑い事ではないのですけども
雪に埋もれ過ぎな神社は何だかかわいいなぁと思いまして
拝殿を杉の横から
岩木山神社境内での杉の木からの落雪