全てはより良い方へ向かうため。

最近思ったコト。

いわゆる“心のブロック”とは
モノの見方に癖がある事を報せてくれている
という存在なだけなのではなかろうか…
いや、なんか
コムズカシク考えるコトもないのではなかろうか…

とか、思い至りまして。

といっても
自分でその癖に気付く事が難しいのかもですが。

やっぱり、その場その場の感情に飲み込まれない事がポイントになってくるのかな~。

何より、誰より、
自分で自分の感情に共感してあげる事で
→自分を愛する事

現実に起こった事に対して発生した感情は、
落ち着いてゆく→浄化される

浄化されたマッサラな気持ちで物事を捉え直す。

(自分を愛し切って浄化し切れていれば
モノの見方の癖になっている感情の種を
外へ新たに植える必要ってなくなり
つまり
自分を愛する事が世界を平和にする
という構図になるのではないかと思います)

この一連の流れが
“意識的に感情を切り替える”
というコトなのかも。

一つの感情に縛られていると、見え方も限られてしまう。

その縛りをなくせば
自分の世界も広がってゆくのかもしれません。

※2017年10月2日追記※
ただ、

意識的に感情を切り替える事のできない時に

何が後ろにあるのか

といった事を考える必要があります



読んで下さった方に感謝を込めて。



………。
清澄な竹林。
………。
落ち着く とか
研ぎ清ます とか
が似合う竹林。
………。
どうでしょう?
雰囲気伝わりました?(笑)