怒涛の共時性。

昨日、某所でひいたおみくじにこんな事が書かれてあった。


御神籤17番・神の教え

神と一つの心になれば、はれてすずしい胸のうち

自分も知らず、先方も知らぬが
可愛いと思う心、憎いと思う心、
それが此の身体から、光となり、波となって、先方の身体に、心に傳わって、これを助け、これをきずつける。
常に正しい神さまと御一体になり平らかな心、清い思いで、
美しい光り清い心波を放出なさい。


コレって、言い換えると…
“六根清浄”
…かなぁ?と思うのですが、
考えてみれば…
一昨日の記事で、龍神祝詞を暗記してましたが
アレには…

“真の六根一筋に御仕え申すことの由を”

…という文言がありまして。
実は、上記御神籤をひく前に出向いたとある場所にも…
“六根”の話があって…

更に言えば、昨日の御神籤の表の各項目で

恋愛…非難に耐え勇気を出してご神意に任せれば成る

…とか、更に更に、

願望…信神すれば災いが去り少しずつ叶えられます

縁談…神様は誠心に感応され災いを祓われ成就します

…とか、とにかく他にも
“真の心を持つ事で禍が祓われる”
という主旨のモノがゴロゴロあったり…。

………え?

如何に今までの私の心持ちが、
正しくない考え方の方を選んでいたかって事?(笑)

次回にもうちょっと続けてみます~(笑)



読んで下さった方に感謝を込めて。


コレは…
たぶん…
ナンジャモンジャの木の花…
(別名ヒトツバタゴ)
ナンジャモンジャの木と令法の違いって、
花の咲く時期と葉っぱの形の違いで判断して良いのかな~??
だとすると、やっぱりコレは令法ではないと思う
(消去法かよ!笑)