謎を解き明かす!(2)

昨日の記事の続きです→


鈴木兄弟のコーチングにて
イモタ戦記的な問題に対する、鈴木兄弟お兄さま的な見立てが…

私の電気的なエネルギーが目立つ

…との事で、
思いもよらぬ答えに、ドビックリした私が思わずした質問から…

私 「そしたら電気的エネルギーを小さくしたら良いのでしょうか?」

お兄さま 「逆!放つの」

私 「放つのーーっ?!ど、どうやってぇ~~?」

お兄さま 「それをここで言うのは問題があるから…講座内で話せたら話す」

…という会話が周りの迷惑にならない程度にされました。
(迷惑でしたらすみません!)

ところで、
私が用意した問題はもう一つありまして

“自分の望みが現実にまだ現れないのは、
まだ自分の気付いていない処にコンプレックスがあるせいなのかの判断がうまくつかない”

…だったのですが
これが面白い事になったのです。

鈴木兄弟の色々なお話をヒントに
自分で問題をどうしたら解決出来るか考える事になり、
私が思った事は。

自分が快である方向へ向かう事をしていると…
=自分で自分の事を信じて進む感覚を身に付けると…

▼イモタ戦記的問題について
望まないモノは見えなくなってゆく?

▼望みの現実化について
望むモノにとって必要なものだけが見えるようになってゆく?

という感じで、
2つの違う問題に対する自分なりの答えに
“望むモノ”“望まないモノ”
という両極のワードが入ったのです。
と、いう事は、
やっぱり2つの事は1つの同じ事に発端があるのだろう
と思いました。
つまり、

自分の好きな事をしなくてはならない

…けども、そのために、


好きな事をしても良いのだと
好きな事がこの先に必ず出来るのだと
信じ切る事

が必要だと思いました。

多分、好きな事をする事で電気的エネルギーも放たれるのではないか?
と予想しました。

更に!
お二人のお話から謎を解くヒントが…!


って、またも文字数制限!
そんな訳で続きます!→
(内容に問題があればご一報下さい)



読んで下さった方に感謝を込めて。


連翹(レンギョウ)越しの桜~☆