イモタ戦記~最近の考察(1)

年明け早々の事件より、特にこれといった話題はなかったイモタ戦記です。

何もなくなった訳ではないのです。
只、問題の仮住いでやり過ごすには…
他の事を考える事で
階下に意識を向けないようにすると
わりと気分良く居られると気付き…
コレを行っていたので、
階下が何をしても痛くも痒くも思わなかったのです。

でも“ずーっと”は、他の何かを考える事はなかなか出来んのです。

例えば、
寝室からキッチンへの移動などの何気ない行動をする時は
思考しておらず…
すると、
尽かさず私の動く後を付けてくる階下のドタドタという足音が聞こえてしまい
そんな時、
私は瞬間的に爆発するような怒りを感じるのです。

ま、怒って当然の事態なのですが。

これは内観のチャンス!
と思い(笑)考えてみました。

まず階下は私が動くと、嬉々としてドタドタ付いてきます。
そして私が一処に留まっていると、私の真下で壁叩きをしたりデカイ音で音楽を鳴らします。
(だから夜中が一番酷い)

要するに、
階下はまるで動物の様に自分が何かの音の後を追っていたいのだと思います。
その為には、
上記の様に近所迷惑になる事もお構いなしだし
人に恐怖や怒りの感情を起こさせる事も悪びれもせずする。
自分の行動に罪悪感の欠片も持っていない為、反魂や呪詛返しの類いは効きません。←試した(笑)

私は、
身勝手極まりない理不尽な都合で人に動かされる事が
(それをする人も)
死ぬホドムカつくのだと思いました。

他人は勝手に自分で好きでその行動を選択しているに過ぎない

そして私はどうしたいか。
という訳で
引越しへの意欲を高めたのでした~。

最近考えた事がもう少しあり
続きます~→



読んで下さった方に感謝を込めて。


温かい季節が恋しいですね~!