“夏目友人帳 肆”第7話『人の妖の間で』

今週もやってきました夏目友人帳感想大会です~

先週よりの続きなので、早速始めます!

以下、公式サイトより今週のあらすじです。


人の妖の間(はざま)で

捕らわれた夏目の行方を探す田沼は、妖の世に迷い込んでしまった。
妖怪達の集まる館へと足を踏み入れた田沼は、なんとか夏目の解放に成功するが、妖怪達に正体がばれてしまう。
妖怪達が襲い掛かろうとしたその時、袋をかぶった男が現れ、夏目と田沼を救い出す。


原作で出てくる回想を
アニメでは事前に出し、時系列通りに進めた感じでした。

そして原作より、アヤカシの世界の恐ろしい部分を強調する事で
夏目の“見えないモノを見る事の出来る孤独感”を演出したのかな
と思いました。


★今週の私的ベストにゃんこ先生カット!

先週がにゃんこ先生祭りだったため(笑)、
今週はほぼレイコさん(夏目の祖母)に化けている姿の先生で
さすがに女性姿だと、先生役の井上さんは声をあてられてません。

でも今週は先生の、後ろ姿で歩くシーンが2回あるのですが
こういう何気ない動きを見ると
やっぱり動くってイイナと思う瞬間でした。

ま~っ!ぷりちーなコト!(笑)


◎私的お勧めシーン!

何気なく名取さんの活躍に一票!
(夏目の顔馴染みのアヤカシ祓い人)

夏目の人の友人・田沼を巻き込んでしまった事に恐れを感じる夏目に…
「夏目は捨ててはいけないんだ
きついかもしれないけど
夏目にはきっと必要なんだ
必要なんだよ」
と、名取さんは
普通の人との繋がりも大事にする事を進めてくれます。
夏目のこれからを暗示していく、とても大切な言葉になってくると思います~。


それにしても、
今期は何故、レイコさんに関する箇所を省きがちなのだろうか…?
原作の掲載雑誌の方では、(LaLaです)
レイコさんの秘密に迫りそうになっておりますのに~

5・6期で集中して下さるのかなぁ?(笑)


来週は、完全オリジナルかな~。
それなら…こぎつねメインのが良いような…(笑)
まぁ、来週を待ちます~。

スタッフの皆さま、ありがとうございます!



読んで下さった方に感謝を込めて。


“空の木々の間で”
今回はちょっとアニメ内容と被せてみました~
(文字っただけ!笑)