“夏目友人帳 肆”第1話『とらわれた夏目』

2012/01/02の『再開します!』記事で告知しました様に…

アニメ夏目友人帳 肆の1話、見れていません…(ToT)

昨日の2話が始まるまで、何処かで機会がないかとチャンスを伺い…
1話をアップしている動画サイトを携帯で見れないかと探したり…

努力はしたのです!
が、
見れてないものは見れてません~(≧□≦)
しかし、
今回は1・2話の続き物なので
1話をやらない訳にはいかない…。

とりあえず!
以下、公式サイトより1話のあらすじです。


小さな頃から、妖怪と言われるものの類をみることができ
周囲から疎まれてきた夏目貴志。
祖母レイコの遺品「友人帳」に書かれた妖怪達の名前を返す日々を送るうち
たくさんの友人や大切な場所を手にしていた。
しかし、多くの妖怪を統べることのできる友人帳を狙う妖怪は多く
ある日、猿面の妖怪達に襲われ、彼らの住む森へと連れ去られてしまう。
用心棒の妖怪・ニャンコ先生と共にその森から去ろうとする夏目だったが…


原作では9巻で3部構成でした。
夏目は人間の友人たちと
“夏祭りに行く計画”
を立てるのですが
アニメの放送が冬という事で、そこが
“流星群を見に行く計画”
に変わっており

大きな変更はそれ位の様です。


以下、原作からネタバレで説明です。


猿面の妖怪達は、小物妖怪を使って夏目を誘き寄せ
友人帳を奪おうとするが、にゃんこ先生が夏目を助ける。
しかしその森はある祓い屋が自分の使役とするために
アヤカシを狩る森だった…

その祓い屋は…
色っぽい声で諏訪部さんが当てている…的場!!(笑)
その森には的場の別邸があり、夏目は迷い込んでしまう…

とにかく、2話はちゃんと感想大会やります!!



読んで下さった方に感謝を込めて。


これは冬の奥入瀬の森。