江戸時代中期の写実の力~円山応挙の一品紹介(2)…@いもた美術館

ハイ!前回は
『松に孔雀図』
のある大乗寺の話をして終わってしまったいもた美術館でしたが
今回はいよいよ本題です。

まずは…ドーン!

2010年三井記念美術館開催

『円山応挙―空間の創造』図録より

襖絵にある孔雀部分をアップ!

したものを写メ(笑)

総金地に色調の異なる二種の墨で描かれているそうですが

金地の上に墨で直接描く事により

墨の色調だけではない色味を感じる

…様なシカケなのではないかと。

つまり、

見る側の心の中のイメージの色を沸き起こそうとしたのではないかと言われています。

更にアップ。

この孔雀の顔の描き込みとか…

首の1枚1枚の羽の描き込みとか…

足のイボイボ具合とか…

スゴくナーイっ?!

これだけ描いててもちゃんと立体的にみえるのは

応挙のデッサン力に裏打ちされているからで

遠近法も用いられているからです。

孔雀の今にも動き出しそうな…

そして掴めそうな首…

コノ肉感的な首☆ は今回の私の萌えポイントであります。

墨の濃淡だけでよくぞここまでリアルに………

だってコレ、

今一度言うと 江戸時代中期ですからね。

多分…この動きから見れば

孔雀の解剖学的な事も頭に入っていたのだと思いますよー。

尾の方です

写メでは判り辛いと思いますが

上尾筒の1本1本ぜーんぶ描かれてあります。

眼状紋同士が重なる処の

上の眼状紋の毛の間から見える

下の眼状紋まで丁寧に描いてあったりするのですよ…

アップ写メは載せてませんが

前回の全体図に戻って頂くと…

松の方が青みがかった墨で、

針状の葉がこれまた1本1本丁寧に力強く描いてありますが

それに対し幹はサラっと描く事で

これまた遠近法でリアルな感じが追求されています。

大乗寺『松に孔雀図』襖絵全体を見ると構図も良いです。

コレを生で初めて見た時の衝撃ったら…

ずーっと襖絵の前をウロウロしていました。

さすが最晩年の作品です!

読んで下さった方に感謝を込めて。