最近気付いた事に関する忘備録。

自分の外からくる想念的なモノとか
自分の外で見守って下さっている方々からくるサインだとか

そういう自分の外で起こる事ばかりを見ていて
自分の顕在意識の反応としては
外で起こった事に対してポジティブにいようとしてきたけど

結局
自分の内側というモノに対しては無視に近い形だった
と最近思いました。

自分の心の声を聞かないから
先へ進めない

自分の顕在意識は外から来る事に対して善いか悪いか
自分の気持ちから判断するけど

自分の内側の奥底からくる声は
今までの理不尽な事柄に
ヘソを曲げてしまっていた
と思いました。


またも先週のNHKさんの『爆問学問』の「古武術でカラダ革命」での

ゲストの古武術の甲野善紀さんが
教わる事は同時にどこか不自由というお話しで…

教わらないと判らない事もあるが
教わった事で見えなくなる事がある。
たえずそういう矛盾した関係と向き合う事が
人が生きていくという事



読んで下さった方に感謝を込めて。


十月桜です~☆