イモタ戦記~おいしいパンを作ろう(2)

→何だか色々と間に入りましたが、続きです!


前回はパンに黄身を塗ったのでしたね~

僕アニブログさんのアニキさんの神さまは
続けて…

仕上げは焼く作業
適正な火加減が必要で
火加減を見るのは自分の目

つまり、自分の目で見るモノは
自分の魂

焼く作業は、美しくなった自分の魂を愛でるプロセスに同じ事

そして、焼くにつれパンはだんだんと膨らみ焼き色がつき
綺麗に光ろうとする

光るというのは喜ぶという感じで
つまりそれは
自分自身=自分自神=魂が喜ぶという事

…と仰って、
私はコレも苦手で…

今まで目に見えない存在に如何に苦労させられたかを
最近、思い出す機会が何故か多いのですが
その度に
辛かった事を思い出して、そっち側の感情が多くなり

つまり“魂”がパン作りで云う処の“粉”に戻ってしまっているのですね。

なので
こんだけ苦労したのだから、絶対にこれからは良い事がある!
と思い込み、自分で自分を誉めそやしますが…

私の魂、喜んでる感は薄いな…
ちょっと無理矢理喜んでみます。

それでアニキさんの神さまは…

出来上がった美味しそうな魂(=パン)は
人にあげる前に、自分で食べてみて
その美味しさに大いに舌鼓を打ちましょう
自分で、感じて、喜ぶのです、それこそおおげさに
それで初めて人に勧めてみるのです

人が食べて美味しそうなものを人は食べたくなる
自分の魂を愛する人を人は好きになる
また、人に幸せをあげる前に自分を幸せにする
これは宇宙の理です

…と仰いました!

やっぱり無理矢理自分で喜んでみる方向は正解ですな!(笑)
私は決定的に自分を誉める事と喜ぶ事がなかったかも。

今回、僕アニブログのおさらいが出来て良かったです!

アニキさんの神さま、
いつもお世話になっておりますーっ!



読んで下さった方に感謝を込めて。


夕焼けと光写真◎その10
ピンク色の光線が通過し終わりそうです~!