イモタ戦記~憑依との戦い(1)

私のイメージの中ではゲド戦記風でお送りしております、イモタ戦記です~。

この記事
一昨日から書こうとしていたのですが…
何か…携帯充電がなくなってみたり、超眠かったり…
とにもかくにも
実は、9月頭から先日まで行っていた21日参りの最終日に起こった事です。

私が仮住いしている住居の階下の住人の迷惑行動が今まで問題だったのですが、
ナント!
お隣まで階下と全く同じ怪行動をとり出したのです!!

お隣は今まではそんな事をする人ではなく
寧ろ、迷惑行動をしていた前階下住人を共に退去に追いやっていました。

それが急に…
玄関の出入りの待ち伏せ・深夜2時を回ってからデカイ音で音楽を流す+深夜にデケー声で一人で騒ぎまくる・コチラ側の壁を蹴る等々…

私はすぐに、アヤツが憑いたか?と思ったので
オール無視でしたが。

疑問に思ったのは
一体の霊的なモノが同時に複数体の生身の肉体へ憑くのは可能なんだろうか?
という事でした。

考えてみれば…
前の前に住んでいた処で
真下と隣からオカシナ攻撃を受けてたなと。

…可能なのかも。

それで考えてみればがもう1つ。
今の仮住いの周りは豪邸?があるのですが
その庭先で毎日毎日毎日…
使用人を大声で怒鳴り回すオヤジがいるのですよ。
日曜でも朝6時とかから…

それで思ったのですが…

ちょっと普通に考えて人としてドウヨ?という行動をする人って、
何かに“憑かれている”って事がなきにしもあらずな事、少なくないのかな…

と。

“気を張る”とか
“自分に打ち勝つ”とか
きっと言われている以上に大事
という学びだったと思いました。

※2017年10月13日追記※

いやーこれが、

集団ストーカーの被害と全く同じで

つまり、

糞豚野郎ウ〇コクソジジィ犯罪組織は電磁波等々とマインドコントロールで

全く関係ない第三者をこういう状態に出来るのでしょうねー

しかも既に5・6年以上前から

現行の法律で対処出来ないこんなクソ犯罪をこのままにしていて良いのか?


読んで下さった方に感謝を込めて。



前回ご紹介したお山を正面から見た処~。
青森県弘前市の岩木山。